管理が出来る|ISO14001を取得することでセキュリティを強くできる
婦人

ISO14001を取得することでセキュリティを強くできる

管理が出来る

コンサルタント

UTMという統合脅威管理について

特に中小規模の企業にとって、ビジネスに必須なインターネットへの接続の際に考慮すべき脅威に対応するのが、ひとつのテーマになっています。この脅威というのが、ウィルス対策や不正侵入防止、そしてWEBフィルタリングと言ったものになり、こういったものへの対応が必須なのです。必須なのですが、やはり費用面ですべての対応が難しい時に有効な機器が、UTMと呼ばれる統合脅威管理装置なのです。これはひとつの筐体に、前述した脅威への対応できる機能が詰まっており、これを置くことで、総合的に対応することができるのです。こうしたメリットや結果的に低価格で対応することもできるので、ITの予算が少ない企業にとっては、検討すべき機器になるのです。

総合的にITへの脅威に対抗していく方法

中小規模の企業を中心にUTM(総合脅威管理装置)を設置することが多くなってきていますが、やはり工夫も必要になります。まず最初にUTMはそれ1台でITに対する脅威に対抗できるようになりますが、万が一故障などが起きた時には、インターネットへの接続が切断されるのです。よって、大抵のUTMはバックアップの方法を持っており、それを利用することで、この問題を解決しているのです。 また最近ではクラウドコンピューティングの利用拡大の一つとして、UTMの分野もあり、このバックアップ機能を、クラウド上で実現しているものもあります。このバックアップ機能を利用したとしても、複数の機器で脅威に対応するよりも安価なので、導入時にはぜひ利用したい機能になるのです。